自分で行なえる改善方法でも腰痛をなくすことが出来る

自分で出来る腰痛の改善方法

湿布を利用する

腰痛の際に自分で行なえる改善方法として、まず湿布があります。スーパーやドラッグストアなどで手に入れることが出来るので、一般的な腰痛改善グッズとして知られています。湿布には実は種類があるので、痛みによって使い分けるようにしましょう。急性の痛みに向いているのが冷湿布で慢性の痛みに向いているのが温湿布です。

腰痛に効果のあるネックレス

磁気やチタンの素材を使用しているネックレスは、肩こりや腰痛を緩和させる効果を持っています。磁気には血行促進や老廃物を排出させる効果があります。一方、チタンには自律神経を調整してくれる効果を持っているので、自律神経の不調によって発生していた腰痛をバランスを整えることで緩和することが出来ますよ。ネックレスは普段使いでも邪魔になることはなくて、むしろオシャレの1つで使用できるので非常に人気の高い改善グッズになります。

ベルトやコルセット

腰痛の改善方法として使用されているベルトやコルセットは主に腰痛ベルトや骨盤ベルトとの名前で販売されています。この装具は、痛みを改善するというより痛みを緩和させる程度で、動けるようにするためのものと考えたほうが良いです。腰痛できついけど休めないという人たちには欠かすことが出来ないグッズになっています。痛みが強いときは幅広でサポート力の強いタイプを、痛みや症状が軽度のときは腹巻やガードルほどの柔らかいタイプを選びましょう。

マッサージやストレッチ

これまでグッズでしたが、次は腰痛に効くマッサージやストレッチを見てみましょう。マッサージの基本は患部を手でさすることになります。腰痛の際はただほぐせばいいというわけではなくて、正しい知識が必要になります。まずは腰痛の原因を知って筋肉の緊張を緩めるのが大事です。また、ストレッチは運動療法の1つとされています。身体を動かすことで筋肉などのコリを取り除き、柔軟性を向上させて歪みを矯正していきます。効果的な腰痛の改善方法と言えるでしょう。

広告募集中